com.yamicha.upload
クラス FileHolder

java.lang.Object
  上位を拡張 com.yamicha.upload.FileHolder

public class FileHolder
extends java.lang.Object

このクラスは、送信されたファイルを表します。


コンストラクタの概要
FileHolder()
           
 
メソッドの概要
 java.lang.String getContentType()
          この FileHolder が表すファイルの ContentType を返します。
 byte[] getData()
          この FileHolder が表すファイルのデータ(内容)を byte[] 配列で取得します。
 java.lang.String getFileName()
          この FileHolder が表すファイルのファイル名を返します。
 void setContentType(java.lang.String ct)
           
 void setData(byte[] d)
           
 void setFileName(java.lang.String fn)
           
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

FileHolder

public FileHolder()
メソッドの詳細

setFileName

public void setFileName(java.lang.String fn)

setContentType

public void setContentType(java.lang.String ct)

setData

public void setData(byte[] d)

getFileName

public java.lang.String getFileName()
この FileHolder が表すファイルのファイル名を返します。
ファイル名がマルチバイト文字の場合、この FileHolder を取得した FileServletRequest を生成する際に渡した HttpServletRequest にセットされていたエンコードによってファイル名がエンコードされています。

戻り値:
この FileHolder が表すファイルのファイル名。

getContentType

public java.lang.String getContentType()
この FileHolder が表すファイルの ContentType を返します。
ただし、このファイルタイプはユーザーの側から送信されるもので、完全に信頼できるわけではありません。
型を厳密に評価する必要がある場合には、自分でファイルの内容を調べるなどする必要があります。

戻り値:
この FileHolder が表すファイルの ContentType。

getData

public byte[] getData()
この FileHolder が表すファイルのデータ(内容)を byte[] 配列で取得します。
画像ファイルを受信したり、何らかのファイルをアップロードするインターフェイスを提供ことができます。

戻り値:
この FileHolder が表すファイルのデータ。