com.yamicha.php.serialize
クラス PHPVariable

java.lang.Object
  上位を拡張 com.yamicha.php.serialize.PHPVariable

public class PHPVariable
extends java.lang.Object

PHP 変数名、変数のアクセス指定子、及びそれが定義されたクラスを管理します。


コンストラクタの概要
PHPVariable(int acc, java.lang.String s)
          変数名とアクセス指定子を指定するコンストラクタです。
PHPVariable(int acc, java.lang.String cls, java.lang.String s)
          変数名とアクセス指定子、及びその変数の定義クラスを指定するコンストラクタです。
PHPVariable(java.lang.String s)
          変数名のみを指定するコンストラクタです。
 
メソッドの概要
 boolean equals(java.lang.Object o)
          インスタンスを比較します。
 int getAccessType()
          このクラスが表す変数のアクセス指定子を取得します。
 java.lang.String getPHPClass()
          このクラスが表す変数が定義された PHP クラス名を取得します。
 java.lang.String getVariable()
          このクラスが表す変数名を取得します。
 int hashCode()
          ハッシュコードを取得します。
 void setAccessType(int a)
          このクラスが表す変数のアクセス指定子をセットします。
 void setPHPClass(java.lang.String s)
          このクラスが表す変数が定義されたクラス名をセットします。
 void setVariable(java.lang.String s)
          このクラスが表す変数名をセットします。
 java.lang.String toString()
          このクラスの文字列表現を返します。
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, finalize, getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

PHPVariable

public PHPVariable(java.lang.String s)
変数名のみを指定するコンストラクタです。
アクセス指定は自動的に public であるとみなされ、また定義クラス名には null が設定されます。

パラメータ:
s - 変数名。PHP の変数名に準拠したものを用いること。

PHPVariable

public PHPVariable(int acc,
                   java.lang.String s)
変数名とアクセス指定子を指定するコンストラクタです。
現行の PHP 及びこのパッケージの仕様では、private 以外の場合に変数定義元クラス名を記述する必要はありませんので、public 及び protected 変数を定義する際に便利です。

パラメータ:
acc - アクセス指定子。PHPConstant クラスの定数を使用する。
s - 変数名。PHP の変数名に準拠したものを用いること。
関連項目:
PHPConstant

PHPVariable

public PHPVariable(int acc,
                   java.lang.String cls,
                   java.lang.String s)
変数名とアクセス指定子、及びその変数の定義クラスを指定するコンストラクタです。
現行の PHP 及びこのパッケージの仕様では、private 以外の場合に変数定義元クラス名を記述する必要はありませんので、private 以外の場合はクラス名は null で構いません。逆に、private の場合には、PHP の命名規則に準拠したクラス名の指定が必要です。

パラメータ:
acc - アクセス指定子。PHPConstant クラスの定数を使用する。
cls - この変数が定義されている PHP クラス名。PHP のクラス名に準拠したものを用いること。
s - 変数名。PHP の変数名に準拠したものを用いること。
関連項目:
PHPConstant
メソッドの詳細

getAccessType

public int getAccessType()
このクラスが表す変数のアクセス指定子を取得します。

戻り値:
アクセス指定子。PHPConstant の定数。

getPHPClass

public java.lang.String getPHPClass()
このクラスが表す変数が定義された PHP クラス名を取得します。

戻り値:
クラス名。

getVariable

public java.lang.String getVariable()
このクラスが表す変数名を取得します。

戻り値:
変数名。

setAccessType

public void setAccessType(int a)
このクラスが表す変数のアクセス指定子をセットします。

パラメータ:
a - アクセス指定子。PHPConstant 内の定数。

setPHPClass

public void setPHPClass(java.lang.String s)
このクラスが表す変数が定義されたクラス名をセットします。

パラメータ:
s - クラス名。PHP のクラス名規則に準拠していること。

setVariable

public void setVariable(java.lang.String s)
このクラスが表す変数名をセットします。

パラメータ:
s - 変数名。PHP の変数名規則に準拠していること。

equals

public boolean equals(java.lang.Object o)
インスタンスを比較します。
この比較は、直列化の際に同じとみなされるものであれば、アクセス指定子やクラス名が違っても同じとみなされることに注意してください。

オーバーライド:
クラス java.lang.Object 内の equals
パラメータ:
o - 比較する変数。
戻り値:
値が等しければ true。

hashCode

public int hashCode()
ハッシュコードを取得します。

オーバーライド:
クラス java.lang.Object 内の hashCode
戻り値:
ハッシュコード値。

toString

public java.lang.String toString()
このクラスの文字列表現を返します。
文字列表現は、直列化後の変数名表現と同じです。

オーバーライド:
クラス java.lang.Object 内の toString
戻り値:
文字列表現。