com.yamicha.php.serial
クラス ArrayManager

java.lang.Object
  上位を拡張 com.yamicha.php.serial.ArrayManager
直系の既知のサブクラス:
PHPArrayBase, PHPSession

public class ArrayManager
extends java.lang.Object

PHPArrayBase のスーパークラスであり、ハッシュ風に配列を管理するクラスです。


フィールドの概要
protected  java.util.ArrayList key
          キーの配列です。
protected  java.util.ArrayList value
          値の配列です。
 
コンストラクタの概要
ArrayManager()
          ArrayManager を構築します。
 
メソッドの概要
 int getLength()
          配列の長さを取得します。
 void remove(int i)
          配列のデータを削除します。
 void remove(java.lang.Object d)
          配列のデータを削除します。
 void setArrays(java.util.ArrayList k, java.util.ArrayList v)
          配列のデータを書き換えるため、内部で使用されます。
protected  void setValue(java.lang.Object k, java.lang.Object v)
          配列にデータを登録します。
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

key

protected java.util.ArrayList key
キーの配列です。


value

protected java.util.ArrayList value
値の配列です。

コンストラクタの詳細

ArrayManager

public ArrayManager()
ArrayManager を構築します。

メソッドの詳細

getLength

public int getLength()
配列の長さを取得します。

戻り値:
配列の長さ

setValue

protected void setValue(java.lang.Object k,
                        java.lang.Object v)
配列にデータを登録します。

パラメータ:
k - キー
v - 値

remove

public void remove(int i)
配列のデータを削除します。

パラメータ:
i - インデックス

remove

public void remove(java.lang.Object d)
配列のデータを削除します。

パラメータ:
d - 削除する値のキー

setArrays

public void setArrays(java.util.ArrayList k,
                      java.util.ArrayList v)
配列のデータを書き換えるため、内部で使用されます。プログラマーが利用してはいけません
パッケージアクセス指定にすることも検討されましたが、PHPSerial ライブラリが他のパッケージにも渡る可能性を考えて残しています。
どうしても内部データを変更する必要がある場合には、このクラスをオーバーライドし、キーと値に整合性がある状態で扱ってください。

パラメータ:
k - 新しいキー配列
v - 新しい値配列