Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2018-07-15 の記事 - 2018-07-15
豪雨災害。今回ばかりは自民党は少々失敗してしまったようです。

この場合の自民党にとっての最適解とは何か。無論、災害対応など放り出して外遊に行くことです。普通、そのようなことをすれば大批判を受けて政権の致命傷となりますが、残念ながらここは日本です。自国内だけでは飽き足らず、わざわざタイの救助された人々に対してまで自己責任論に基づく中傷をしなくては気が済まないような魑魅魍魎であふれた場所なのです。
文句を言ってくる者がいれば「災害を利用するな」とわめきたてて黙らせ、子分のレイシストどもにくだらないデマを垂れ流させ、被災地からの声として批判する者があればその個人をつるし上げて「攻撃指令」を出すことで黙らせ、かつそれを見せしめとすることで他の人も同様の発言をできないようにし(これは実際に世耕氏が実行)、最後に朝鮮辺りへのヘイトでも垂れ流せばよい(これも実際に片山氏が実行)のです。
少しでもまともな神経をした人々は、最初から安倍内閣など支持していませんから、まともな人々にますます嫌われたところで安倍氏としては痛くもかゆくもありません。一方、支持層であるレイシストは弱者いじめが大好きな連中なのですから、被災地など踏みつぶして喝采を受け、それに疑問を抱く数少ないレイシストにはエサ(差別)を提供してやれば万全です。
当然、謝罪すべきことなど最初から存在しません。批判してくる者がいるとすれば、それはすべて災害を利用した言いがかりであって、何一つ問題など存在しないのですから。
ところが、安倍氏は外遊を取りやめ、他の宴会参加議員も「誤解」を与えたなどとふざけた理由ではあるものの、陳謝らしき態度を取ってしまいました。ここは日本なのですから、異常なことを強弁した末に差別の一つも垂れ流せば簡単に片付いたところを、これは自民党にとって明らかな失敗であるといえるでしょう。

「在日朝鮮人だ」虚偽の投稿放置、ヤフーに削除命令

日本名物・在日認定。放置しておけば事実とされてしまいますし、かといって抗議したり裁判沙汰にでもしようものなら「在日朝鮮人とは恥なものらしい」などと言いがかりをつけられるという意味不明な状況なのですが、このような行為が許されない理由は以下の通り。

1.「在日朝鮮人」の語自体は単に属性を表す言葉でしかないが、レイシストはこれを属性を表す語ではなく悪口として使用しており、民族・国籍名を悪口の意で使うのだから著しいヘイトスピーチである。なお、民族・国籍名以外でも、単に同性愛であること、あるいは知的・発達・身体障害の有無を表すにすぎないはずの言葉が悪口として用いられることはしばしば行われており、いずれも当該属性に対する差別的言動である。
2.レイシストは「在日朝鮮人」の語を本来の意味ではなく悪口として用いているわけだから、これは発言を向けた相手に対する明確な誹謗中傷である。
3.単純にデマであるし、自分の本来の属性を否定され、別の属性であるかのようなデマを流されるのは、極めて非礼であって苦痛を受けるものである。例えば男性を女性、女性を男性扱いすることは一般に失礼とされる。
4.仮に本人が本当にその属性である場合でも、本人が公表したくないと考えている属性を勝手に公表してはならない。性的マイノリティのアウティングが代表例。ましてや、誰彼構わず「認定」して回るなどもってのほか。
今回の被害者は日本人で、国籍を証明できるので削除を求めることができたが、本当に在日であるならそれもできず、拡散を止める方法がない。現状の日本で在日朝鮮人であると発覚した場合、下手すると生命の危機にすらつながりかねないため、それを公表しないことには自己防衛としての意味がある。

要するに、在日認定というのは何がどうあっても問題で、絶対に許されない悪質な行為であるわけです。

>「人格的利益より、虚偽の事実を示した表現の自由を保護する理由は全くない」

全くその通りです。
ところで、今回はYahoo!が放置の責任を問われたわけですが、災害時デマの打ち消しに動いている人々を順番に凍結し、レイシストの差別は放置するどこぞのSNSに至ってはどれほどの責任があるでしょうか

〈時代の正体〉豪雨災害乗じ差別扇動 川崎の男性、デマツイート

ということで、どこぞのSNS。今回の豪雨でもしっかりヘイトデマが垂れ流され、しかも延々と放置されました

>ここ数年、災害のたびに会員制交流サイト(SNS)がヘイトとデマの「拡声器」として悪用されている。ツイッター社は利用規約でヘイト行為を禁じるが、違反投稿の削除などの対応は全く不十分。西日本豪雨でも「朝鮮人が暴動を起こすぞ。気をつけろ」「空き家とか崩れた家に入って窃盗しています。たぶん中国人です。見つけたら殺しましょう」と殺害を呼び掛けるツイートまでが放置され、拡散している。企業としての社会的責任の欠如は再三批判されても一向に改まらない。
(強調は引用者による)

もはや犯罪級でしょう。
いくらなんでも、このSNSにはさすがにつける薬がありません。ここで災害のたびになされている悪質な差別(虐殺)の扇動と、それに対する運営の事実上の加担姿勢、そしてデマの打ち消しを行う人々の方を次々と凍結していることなどを考えれば、重大な結果を招くのは時間の問題ですから、その前に会社をたたんで消え去ってくれることを願うばかりです。