Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-09-29 の記事 - 2017-09-29
日本人として現代に生まれ、日本に育ち、日本で選挙権を手にした、という日本のマジョリティにとって、選挙権とは実に「軽い」権利です。ただ口を開けているだけでも、成人年齢に達しさえすれば勝手に転がり込んできますし、誰が適当か考えて紙に候補者名・政党名を書いて入れればいい。ただそれだけのものです。
しかし、日本にはそんな「軽い」権利をも持つことができない、または原理上は持っていても行使することが困難な人々もいます。
例えば、様々な理由により日本で暮らしている外国籍の人、こと在日韓国・朝鮮人といった人々は、日本人として生まれたならば口を開けていても当たり前に手に入る権利を有していません。あるいは、知的・精神的障碍を持っている人の中には、「選挙制度を理解し、誰が適切か考えた上で一票を投じる」ということが困難な人も存在するでしょう。
そして、政治が差別主義や排外主義に傾いた時に、直ちに生活の平穏を脅かされ、命の危険にさらされることになるのが、まさにその彼らのようなマイノリティなのです。これはナチスなどの歴史も証明していますし、今の日本でも現在進行形でなされています。
彼らは「投票」という最も直接的な民主主義の手段によって、自らに降りかかる危険を回避することさえできません。ただ口を開けていても投票権が得られ、それを行使できる人々の投票行動によって、自らの生活が脅かされるかどうか、生命の安全が脅かされるかどうかが変わってしまうのです。
したがって、私はそうした人々に恥じないような投票行動をしなければならないと考えていますし、それはまた権利を持ち行使できる者の務めでもあると考えています。

私が野党共闘を支持し応援してきたのはなぜか。言うまでもなく、「立憲主義の尊重」は大きな理由の一つです。立憲主義が守られなければ国民の権利など容易に踏みにじられてしまいますし、さらには緊急事態条項が通れば日本は終わります。それをさせないための手段として、野党共闘は極めて重要な手段であると位置づけられるものでした。
そしてもう一つ、私が重視するものとして「多様性の尊重」があります。
人種、民族、肌の色、性別、性的指向、障碍の有無などにかかわらず、あらゆる属性の人々が尊重され、平穏な生活を送れ、差別されることのない社会。ヘイト政党の自民党では絶対に実現できないことであり、一方で野党内には自党の党首すら平気で差別してみせたレイシストもいるものの、有田氏のように差別問題に取り組んできた人もまた存在しており、私が野党共闘を支持する極めて強い動機となっていました。
差別政党に投票することは、すなわち自分の票が被差別者を攻撃するための武器の材料となり、被差別者を殺傷することを意味します。したがって、差別政党に投票することは絶対にあってはならず、多様性を尊重する政党が勢力を結集することが重要となっていたのです。

自民党はどうしようもないヘイト政党ですが、小池氏もまたそれに相当するレイシストです。「朝鮮人を殺せ」と叫びたてる在特系団体が行った講演会に出たばかりか、関東大震災朝鮮人虐殺の歴史修正まで試みるほどで、熊本の震災で虐殺扇動デマが大量に流された社会情勢を考えれば、極めて現実的な危機です。このような人物に力を与えることは、すなわち被差別者の生命に対する重大な脅威です。
野党共闘の目的は、「多様性を尊重する社会を作り、立憲主義を回復する」ことです。それを実現する手段として自民党政権を倒すことは避けて通れませんが、自民党政権を倒すのが目的なのではありません。被差別者の平穏や生命を脅かす政治が続くのであれば意味がありませんし、差別者へのブレーキとなるべきものが別の差別者のアクセルに姿を変えるなど悪夢そのものです。
多様性を尊重する多くの人々は、二大ヘイ党(しかも実態は補完勢力)など望んではいません。それは、力不足でもとりあえず野党が選択肢や歯止めとなる余地はあった「一強」状態よりもさらに最悪で、被差別者の平穏がより容易に脅かされる社会に他なりません。そして当然、これが緊急事態条項にまで至れば日本は終わります。
皮肉なことですが、「安倍政権を打倒するための合流」とやらが逆に安倍政権を打倒する意義を失わせてしまう結果となっています。

結局、共闘を訴える人々、投票者、非日本会議系野党の全員が飲んでみせた泥水を、前原氏は自分だけは最後まで飲もうとせずに逃げ続け、とうとう党すらもぶち壊したわけです。それも、被差別者の身の安全と立憲主義を日本会議系レイシストに献上するというおまけをつけ、労働者の生命を献上しようとした連合までがグルになって。
自分が泥水を飲むのが嫌だからと、人々が汗を流し泥水を飲んで生み出してきた成果を横取りし、他人の生命や平穏、人権を勝手に売り渡して逃れるような者など、政治家どころか人間としてクズ以下です。断じて許すことはできません。

この騒動、切り捨てられる可能性がある民進党リベラル派、しかも反差別に尽力していた人までもがあまりにすんなり合意し、しかもその歯切れも悪いことから、何か計画を持っている可能性はあり、もう一波乱あってもおかしくはありません。ただし、投票までにそれが分からない限り、何かがあるかもしれないという理由でレイシスト政党に票を投じることはできません。
私は小選挙区・比例区ともに二大ヘイト政党のどちらにも投票するつもりはありませんし、多様性を尊重する社会のためにその両方を打倒すべき存在と位置付けます。小選挙区でも非日本会議系野党候補、あるいは小池ヘイト党を蹴った候補を選ぶでしょう。
基本的に私は鼻をつまんで戦略的投票を行いますが、差別政党に「マシ」は存在しません。どちらに入れても自分の票が被差別者を殺傷する武器にされてしまうのなら、死票になってもまともな候補に投じた方がマシです。