Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-09-24 の記事 - 2017-09-24
実にくだらない解散劇ですが、解散名大喜利には「地獄の沙汰も金(キム)次第解散」でも挙げておきましょうか。
北朝鮮の脅威とやらを大騒ぎすれば国民は簡単に騙せると考えていて、それで勝利すれば「世論はこれらを問題とみなしていない」として森友・加計問題を葬ってしまうことでしょう。あれだけの問題を起こしてもなお追及ができなくなるのであれば、今後は国家の私物化でも何でもし放題です。国民は極限までなめられているのです。
もし本当に北朝鮮が差し迫った脅威であるならば、この時期に特に必要もない解散をすることは到底あり得ないはずで、すなわち政府は北朝鮮を大した脅威であるとは考えていません。そのくせ脅威だ危機だと大騒ぎ。もしこれで多くの議席を押さえられれば、緊急事態条項のごり押しが始まることでしょう。そしてその緊急事態条項では、緊急事態であるから衆議院を解散しなくてもいいということになっています。
もはや意味が分からないを通り越して、異常の域に達しています。そして、ひとたび緊急事態条項が通れば日本はそれで終わりです。意味不明な解散をするほど余裕たっぷりの政権が散々北朝鮮の脅威を煽り立てるのを前にすれば、緊急事態条項がどう使われるのかなど説明する必要もないでしょう。

ただ、自民党がもはやただのヘイト政党であって、人間として最低限の常識を適用して考えるのさえバカバカしい存在であることは今さら言うまでもありません。現状ではその異常な政党が民主主義の喉元に短刀を突きつけている状態であり、機が来たと見れば彼らは何のためらいもなく民主主義の喉笛をかき切ることでしょう。とにかく緊急事態条項が通ってしまえば何もかも終わりですから、まずは改憲の野望を阻止しなければなりません。
したがって、問題はそれに対抗する立場であるはずの野党、それも民進党なのですが、こちらもまたあまりに頭が痛いと言わざるを得ません。

野党共闘を応援する市民たちは、民進党を応援したところで何一つ自分の利益にはならず、それどころか民進党は期待をぶち壊しにするようなことばかりやっているにもかかわらず、それでも民進党候補を勝利させようと汗を流しています。毎回のように後足で砂をかけられ、泥を浴びせられ、それでも立憲主義の回復や多様性が尊重される社会の実現のために泥水を飲んでいるわけです。
野党共闘の意義を理解して野党候補に投票している市民たちは、毎回毎回共闘を台無しにするようなことばかり言い、果ては自党の党首すらも差別する民進党の姿勢に大いに憤っていますが、その怒りを飲み込み、しかも政策的に不満がある場合でも泥水を飲んで民進党候補に投票しています。
日本会議系ではない野党は、民進党のほとんど横暴とも言っていいような一方的な要求に答え、自党候補を国会に送るチャンスを捨ててまで民進党候補への一本化に協力するなどしています。民進党が共闘を否定するような暴言を吐いても、共闘のために尽力しています。毎度のように煮え湯を飲まされ、それでも泥水を飲んでいるのです。
では民進党はどうか。代表選の段階でもある程度予想されていたことですが、前原氏は早速、共産党を含む野党共闘に対し、控えめに言っても積極的とは言いがたい姿勢を取っています。共闘支持の市民が泥水を飲み、有権者が泥水を飲み、他の野党も泥水を飲んでいるのに、自分だけはきれいな水しか飲みたくないと駄々をこねるなら、勝てるものも勝てません
無論、大人の事情で共闘を表立って言えないという部分はあるのでしょうが、そんなものは外部の人間には何の関係もありません。いかなる理由によるものであれ、話をろくに進展させることができないのであれば、成果を出せないことに変わりはありません。
なぜ自民党が、それも改憲のためには議席を減らしたくないはずなのに、疑惑隠しであることがバレバレな自爆的解散など行えるのか。十分な野党共闘が成立する可能性が低く、したがって野党は民意の受け皿とはならず、さほど脅威とみなす必要はないと考えられていることが、要因の一つに挙げられるでしょう。
これは要するに、前原氏は「選挙に勝つこと」や「大義を実現すること」などよりも、反共だかハンバーグだか知りませんが、自身の個人的な好き嫌いの方を優先するであろうと読まれているわけです。
本来、野党共闘は2015年の時点で成立させ、ここまでで十分戦える姿勢を構築しておくべきものでした。あの時点でしっかり手を取り合い、その後に内閣の悪行がようやく報道されるに至ったならば、今ごろは善戦する下地が整っていたはずなのです。
ところが、2年経ってすらノロノロとして共闘一つまともに実現できず、その間にとうとう民主主義に王手をかけられてしまっているのに、未だこの状態です。目の色を変えて死力を尽くそうともせず、自分だけは泥水を飲むことを避け続け、それでどうして民意の受け皿になれるというのでしょうか。

なお、自民党も公明党も権力のためなら泥水程度は平気で飲んでみせます。自民は権力維持のためなら手段を選ばず、本来なら考え方の違うはずの公明とも平気で組んでみせていますし、改憲のためなら誰とでも組むでしょう。また、公明は権力のためなら「平和の党」なる理念をいくらでも足蹴にして踏みにじることができます。
市民も、有権者も、他の野党も、民主主義と立憲主義を守り、多様性を尊重する社会の実現のため、全員が泥水を飲んでみせました。後は民進党が飲むか飲まないかだけです。
安倍氏や日本会議のように、戦後日本に対する強い憎悪と、周辺諸国などに対するドス黒い差別感情で動いているような者たちですら、憎しみのために目の色を変えて動けば日本を終了寸前にまで追い込んでしまえることが、現在目の前で示されています。
立憲主義を守り、政権の国家の私物化を止め、多様性を尊重する社会を作る。実に重要なことですから、そのために本気を見せ、目の色を変えてみろと言っているのです。