Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-09-16 の記事 - 2017-09-16
〈時代の正体〉「差別ツイート野放しやめて」ツイッター社前で抗議集会

もし私がこの集会に文句をつけるなら、Twitterが作為的に差別を放置していることがほぼ確実な以上、「差別ツイート野放しやめて」「差別の道具になりたくないよ」などといった甘ったるい主張ではあまりにも手ぬるい、というものになるでしょうが、「差別ツイートを踏みつけにするのは異常だ」なるナイーブすぎる反応をする者さえ見かけるのは頭が痛い限りです。
差別が常日頃から被害者を踏みつけにしていて、そればかりか災害のたびに差別・虐殺扇動が発生したり、実際に障碍者の殺戮まで引き起こしてしまった現状において、差別にはまともに向き合おうともせず、紙切れを踏むことにはいちいち目くじらを立てるなどとは、どこまでのんきで価値基準が破綻しているのかとあきれ果てます。

現状、Twitterの差別拡散力はおそらく相当な水準にあります。
日本語版のトップページは、ここ最近でこそ認証アカウントを中心にするなど多少はマシな仕様となったようですが、ほんの少し前(私が知る限りでは1年以内は確実)まではヘイトデマを垂れ流すアカウントやら、他国を蔑称で呼んでいるような露骨なヘイトツイートやらが堂々と記載されていました。
トップページといえばサイトの顔であり、しかもログインしない(ユーザーが選んだものを表示しているわけではない)状態でこれですから、不特定多数のアクセス者がこのようなヘイトを見せられていたことになります。SNSなどのサービスにおいて問題のある書き込みがなされることは避けようがありませんが、それをピックアップしてトップページに掲載するとなると話は別で、これはもう運営による差別の拡散以外の何物でもありません。
トップページすらこの惨状となっていたほどですから、中身となるとむごたらしいの一言です。まさに差別の見本市、悪意のゴミ捨て場といった状況であり、おぞましいツイートをいくらでも見つけることができます。しかも運営はそれを取り締まる気を全く持っていません
一応、アリバイ作りのつもりなのか、どうでもいい差別アカウントが凍結されることはあるようですが、それ以上にひどい差別発言を繰り返していて影響力も段違いな有名ヘイトアカウントはほぼ野放しとなっています。それでいて、差別に反論したアカウントが処分された例はしばしば報告されています。
差別は本人の意思や行為とは無関係な「属性」に対する攻撃であり、また立場の差を利用して反撃が難しい相手を痛めつけるものです。行為に対する批判、対等な立場同士の言い合いなどとは全くわけが違います。この概念をまともに理解していないような運営が、どうやって言論空間を管理できるというのでしょうか。

その結果として当然に発生するのが、現実社会に対する脅威です。
Twitterにおいては、災害のたびに差別扇動、ひどい時には虐殺扇動を含む悪質なデマが垂れ流されることが恒例行事となっています。熊本の震災では、「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」などの関東大震災時に実際に虐殺を発生させた、効果が実証済みの殺人デマを流す者が大量に発生しましたし、猟銃を持っている者は自警団に加わるよう呼び掛けるツイートまで存在したほどです。
実際、被災地のレイプ多発デマを真に受け、自警に乗り込もうとした者の存在も確認されています。しかも、レイシストはその人物を煽り立てて差別デマまで吹き込む始末で、一歩間違えば何が起きてもおかしくありませんでした。
日本社会はすでに障碍者殺戮事件という稀代のヘイトクライムを体験しており、もはや「起きるかどうか」ではなく「次はいつ起こるのか」の段階です。熊本その他の災害で特に何も起きなかったのは運が良かったからでしかなく、災害時・平時を問わず常にヘイトクライムと隣り合わせの状況にあります。政府が火消をするどころかJアラート遊びをして差別意識を煽っている現状ではなおさらです。
そして、Twitter社はこういった差別扇動に対し、全くと言っていいほど有効な手を打っていませんし、本気で対処するつもりもありません。熊本の震災でも多数の差別・虐殺扇動デマが放置され、有志が拡散しないよう呼び掛けたり、投稿者に対して法的な責任が及ぶ可能性をちらつかせて削除させたりといった活動で、できるだけ被害を押しとどめていたような状態でした。ちなみにその間、Twitter日本運営はいきものウィークなる企画に現を抜かしていました。
Twitter社の差別放置姿勢が生み出しているのは、現実の人々の生命や生活に対する脅威です。そして、自らの生命や平穏な生活をもってTwitterの差別放置の代償を払わなければならないのは、今までTwitterとは何の縁もゆかりもなく生きてきた無関係の人かもしれないのです。

水原希子出演のCMに「日本人を使え」など差別ツイート サントリーとTwitterに聞いた

こうなるのは当然というものでしょう。企業もいい加減、このような差別企業に広告を出すと余計な問題を抱えることになると認識した方がよいのではないでしょうか。
なお、Twitterの「対処している」が全くのでまかせであることは、有力ヘイトアカウントが野放しであることを見れば分かります。さすがにスポンサーの手前、一部を削除するなりしてポーズくらい見せようとはするでしょうが、それだけでは所詮ポーズであって実質的な意味はありません。