Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-09-10 の記事 - 2017-09-10
不倫がどうのこうのの騒ぎ。この深刻な状況下で一番大事なのが政治家を芸能人化して追い回すことなのか、日本の政治意識とはこの程度なのかと、頭が痛くなります。

一応断っておきますが、山尾氏を擁護する気は一切ありません。
横浜市長選において、氏に期待されている政策とは対極の候補である林氏の応援に出向いた時点で、山尾氏に期待していた人々からの評価は地に落ちました。しかも、政治家となれば不本意な応援をすることもあるでしょうから、すぐに丁寧に説明していれば怒りも和らいだはずですが、それもなされたとは言い難く、氏が「政治家として」人望を失ったのはこの時点と言ってよいでしょう。
実際、蓮舫氏の辞意表明後の一瞬は「ここは山尾氏を代表にすることを考えるべき」という意見さえ存在したほどでしたが(有田氏もそのような希望を持っていたとのこと)、直後に横浜市長選問題が話題になると潮が引いたように期待の声は消滅しました。氏の手腕と福祉への姿勢などを買っていた人々を、ただの一瞬にして地獄に叩き落したことがうかがえます。
そういう意味で、私も応援演説の件に加え、支持者からの疑問の声への説明責任もろくに果たせない山尾氏には不信感を覚えずにはいられませんでしたし、氏は詰問されるべき立場であるとは考えています。
ただし、それは当然不倫疑惑がどうこうといったものではありません。「林氏のどのような政策を支持した上での応援か」「林氏の政策と山尾氏の主張とは矛盾する部分があるようだが、どちらが本意なのか」「カジノについてはどう考えているか」などといった点をきっちり聞き、最低でも子どもの福祉やカジノといった大きなテーマについての立場は明らかにするものでなければならないのです。
したがって、この人物を支持して良いのか悪いのかの情報を国民に提供するため、政策の矛盾をまず問い詰め、正面からしっかり答えてもらうべきではあったが、一方で不倫疑惑とやらは優先すべきではなかった、というのが私の主張となります。

なお、この私の理念は今井氏にもそっくりそのまま適用されます。
私はあのタレントくずれは徹底的に非難され、政治の舞台から追放されるべきだと考えています。あのような人物が、1億数千万人の中からたった数百人しか選ばれない国民の代表、それも良識の府に属する人間であると考えるだけでうんざりしますし、政治の専門職として圧倒的な権限と待遇を6年にもわたって手にする者が、自身の専門業への知識を全く有していなかったとあれば、開いた口がふさがらない事態であると考えています。
ただ、氏が不倫問題によって人望を失い、物陰から頭を出せない状態になったことについては、到底正しい方法であったとはいえません。
これは言い換えるなら、もし不倫がなければその後も大手を振って参院議員様をエンジョイしていた、ということです。到底まともな政治状態ではありません。不倫以外の点において、このタレントくずれは徹底的に追及されなければならず、政治のプロとして当然分かるべきことも分からないようであれば、それを理由として追い落とされなければなりませんでした。
1億人以上の市民の生命や生活にかかわることを決定するのが、衆参合わせてもたった3桁の人数でしかない国政政治家たちの役割であり、市民の暮らしはそれだけの人々の動向に大きく左右されます。
このタレントくずれが追及されねばならないのは、医療の知識を一切持たない人間が手術をしてはならないのと同じことです。医療知識がないのに手術を行おうとした医者が、それを理由に排除されるなら問題はないのですが、それでは排除されずにいたのに不倫を理由に排除されたならば、いくら結果は同じといっても恐怖でしかありません。

無論、不倫は不名誉なことではあるでしょうし、それが倫理的にあまりに常軌を逸したものであれば、さすがに政治家としての資質を問わないわけにはいかない場合もあるでしょう。また、それが不倫どころか犯罪絡みである、すなわち性犯罪の加害者となった、あるいは権力を用いてお友達の性犯罪をかばったなどであれば全く別の問題で、議員でいる資格はありませんから、即刻議員を辞めるべきです。
そこはケース次第ともいえますが、ただ少なくとも政策的に矛盾している行動を取ったり、あるいは政治の専門職に就いていながら基礎知識すらない人物について、それらの点をそっちのけにして不倫やその疑惑で大騒ぎし、そちらが政治生命にとって大打撃となるような状態は、一般論として考えても全くまともではありません。

そして、現状の日本の政治は不倫疑惑よりも先に追及すべきことであふれています。
自らの政治権力を悪用し、お友達に利益供与を図るなどすることは、国民に対する著しい背信行為であって、民事問題である不倫とは到底比べ物になりません。不倫で引責しなければならないのであれば、こちらでは数千回は引責しなければならないでしょう。しかし、この問題ではどの議員がどのような責任を取ったでしょうか。
政治家が差別主義者であることは深刻な脅威であり、極めて高い差別扇動効果を持つとともに、一歩間違えば大量の人々を死に追いやりかねません。不倫は確かに倫理上問題のある行為ですが、ならばレイシズムは倫理上も実利上も市民の安全のためにも一切許されないものであるべきで、不倫ならば一発で壊滅級の打撃となる一方、保守速報をシェアしようがほとんど見逃され、差別による虐殺をなかったことにしようとしてもよく、ナチスかぶれのような者が政治家を続けられていることはおかしいと言わざるを得ません。
メディアは追及をするのなら、まずこれらを徹底的に追及すべきです。これらをことごとく追及し終え、もう民事問題しか追及するものがなくなったなら、不倫でもなんでも好きなように追及したらよろしい。

政治家がその地位を利用して行った不正より、政治家による差別扇動行為より、政策の矛盾より、不倫が一番大事。他は責任を取らなくていいし、政府要人ポストに居座り続けてもいいが、不倫疑惑なら党内ポストすら取り消しの上に離党モノ。これが日本の政治意識です。これでは日本の行く末は暗いと言わざるを得ませんし、政治腐敗も差別も社会に横行することになるでしょう。