Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-08-13 の記事 - 2017-08-13
やはり日本ファーストが登場してしまいました。
「日本第一党」であり、「日本会議ファースト」であり、かつ「日本ファシスト」な存在なのでしょう。なかなかシャレが効いています。

さて、民進党代表の候補である前原氏がヘイトツイートに「いいね」をしたことが少々話題となっています(現在は取り消されている模様)。
たかが「いいね」ですが、されど「いいね」。非常に残念です。どこまで失望させれば気が済むのでしょうか。
そこまで目くじらを立てる必要はない、あるいはスタッフがやった可能性があるといった意見もあるでしょうが、私は以前に安倍氏がFBで差別デマサイトをシェアしたことに憤りましたし、またそれは絶対にやってはならないことであると考えています。そして、それをしたのが本人だろうとスタッフだろうと発信力に差が出るわけではありません。取り消しをしたというなら安倍氏ですらしています。
無論、差別デマサイトをあえて自ら読みに行き、しかもわざわざシェアして再拡散する能動的行為と、自分へのリプライを「いいね」する比較的受け身かつ拡散を意図しない行為では大きな差がありますので、同列にはできません。ただし、その経緯についての説明と、意図したものでないなら「いいねは間違いでした。私はこのような意見に一切賛同しません」などの宣言をTwitter上で行うのは、差別の市民権確保や再拡散を防ぐためにも最低限必要と考えます。

私が民進党を応援するのは、立憲主義を守り、国民主権を守り、そして何より差別を許さず多様性を尊重する社会の実現のためには、現状ではそうするよりないと考えているためです。他の立憲主義・反差別野党のみでは政権交代どころか牽制をすることさえ難しく、たとえ徹底的に順風が吹こうとも1/3の確保さえ極めて困難であると言わざるを得ませんので、どうしても民進党を無視することはできません。
現状、すでに緊急事態条項さえ通れば日本が終わる段階まで来ており、立憲主義・国民主権は危機的状況にあります。また、路上では平然とおぞましいヘイトスピーチが垂れ流され、さらには災害のたびに虐殺扇動を含む差別デマが流され、いつ関東大震災のような事態に至ってもおかしくありませんし、現に日本社会は障碍者殺戮事件を経験しています。
この異常事態において、もし立憲主義を守り、差別を許さず、多様性を尊重する社会に近づける、あるいはそれらの喪失を少しでも食い止めることができるのであれば、私は腐った泥水でも何でも飲むつもりです。ヘイトクライムによる死者はもう1人たりとも出してはいけませんし、差別によって傷つく人も増やしてはいけません。民進党がどれほど頼りない政党であろうとも、立憲主義と多様性を守る限りは応援しますし、戦略的に妥当ならば民進候補に投票するでしょう。
そのような状況下で、この体たらくは一体どういうことなのでしょうか。

前原氏は、自身が日本会議であるとする噂について「デマ」として否定しています。無論、日本会議カルトと関係がないのは良いことではありますが、それだけでは意味がありません。
私は厳密には「日本会議」というもの自体を嫌っているのではありません。日本会議のように、立憲主義を否定し、国民主権を否定し、そして何より差別を推進して多様性を否定する存在を嫌っているのです。日本会議であろうとなかろうと、差別を肯定するのなら日本会議と同類の輩でしかありません。
少なくとも前原氏は、このような行為について納得のいく説明を行い(仮に操作ミスならミスと言ってもらえれば結構。説明なしにはあえて行ったのかミスなのかすら分かりません)、その上で多様性の尊重や差別の問題にどのように立ち向かうのかを、説明との間に祖語や矛盾を生じないような論理で明確に宣言すべきです。それが党首を目指す者としての最低限の責任です。
多様性を尊重する側としては、差別政党を倒すために別の政党を支持するも、その政党が差別をし始めるようでは意味がないのです。差別を推進する気がないのなら、ないと宣言する以外に疑念を晴らす方法はありませんし、また疑念を持った人々からの信頼を勝ち得るためにも必要です。
差別に反対して多様性を尊重し、立憲主義を守るならば、代表が(差別主義者でない限り)どこの誰であれ、私は泥水を飲む気でいます。一方、差別に賛同するのであれば、それが清水であろうとも床に叩きつけることでしょう。

小池都知事との連携に否定的=民進・枝野氏インタビュー

>小池氏は(自民党議員として賛成した)特定秘密保護法などで私たちと立場が違う。安保法制は間違いでした、特定秘密保護法は間違いでした、アベノミクスは間違いでした、と言ってもらわないと(連携の)前提が整わない。

こちらにはほっとさせられます。
民進党が立憲主義否定の差別勢力・日本会議ファースト(「日本ファースト」は政党名とはならない可能性があるようなので、仮の名称としてこう表記しておきます)と組むとしたら悪夢でしかなく、おちおち支持もできなくなります。いま必要なのはまさにこのような言葉に他なりません。
私は、そして多様性を大切にする人々は、多様性を守るのが目的であったはずの自分の応援が、そして自分の1票が、意図とは逆に在日外国人、外国にルーツがある人、障碍者、性的マイノリティなどを殺傷する凶器として使用されることを恐れていて、この党や候補なら応援して投票しても大丈夫だという確信を求めているのです。