Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-07-30 の記事 - 2017-07-30
蓮舫氏は結局、辞任。
党外の卑劣な人種差別主義者連中の攻撃にさらされたばかりか、党内にも署名付き怪文書を出したり、外部の差別主義者と一緒になって攻撃をかける人間がいた中で、よくもここまで踏ん張ったものです。
政治思想的にはあまり支持できない人物ですが、被差別当事者として差別にここまで対峙することはなかなかできるものではありません。被差別者を矢面に立たせてこのような苦しみを与える日本社会の在り方を深く恥じるとともに、率直に「お疲れ様」の一言を述べることとします。
奇しくも、稀代のヘイトクライム・相模原障碍者殺戮事件から1年。私たちはこれを「宿題」として、人種や障碍などによる差別を容認せず、あらゆる属性の人々が尊重される日本社会を作らなければなりません。

とにかく今後の民進党には、ある程度明確に展望を示してもらわなければ困ります。現状の民進党は何がしたいのか全く不明であり、したがって支持するのが適切なのか否かが全く分かりません。支持が割れそうなテーマはあいまいにするのも戦術のうちですが、それを散々やって支持者を混乱・失望させ続けてきたがために、民進党に待望が集まるはずの状況で失望が広がっているのです。
差別を許さず多様性を尊重すると言いながら、自党の党首さえも差別する。野党共闘への期待が高まっている状況で、平然と冷や水を浴びせかける。連合が無賃残業の合法化を一時的にせよ容認したこと、横浜市長選への対応の混乱なども、ちぐはぐな印象を与えています。労働者を守る気はあるのか、原発はどうするのか、子どもへの福祉をどうしたいのかなど、方針を定めるべきテーマは山積しています。
その結果として、たとえ「我々は自民党以上に差別を推進します」「共産党のような悪魔と組むなら自民党と組みます」と宣言することになったとしても結構。その場合、私は絶対に支持しませんが、「差別をなくし多様性を尊重します」と言っておきながら実際には差別し、共闘ムードを出しておきながら水を浴びせて裏切るよりはマシです。
無論、私としては民進党が党是通りに多様性を尊重し、野党共闘を行うことを望んでいるのは言うまでもありません。大筋で多様性の尊重や格差の縮小、立憲主義の尊重を訴え、日本会議勢力に対抗し、野党共闘を行う気があるのならば、ある程度政策的に折り合わない部分があっても、戦略的に投票先として妥当である限り、鼻をつまんで泥水を飲む覚悟で民進党候補を支持することでしょう。

なぜ安倍内閣の支持率が下がったのか、私には皆目見当がつきません。無論、森友や加計、防衛省などの不正問題や共謀罪などの国民軽視は十分不支持に値するものですが、これらは安倍内閣発足時点から一貫して継続されてきた姿勢であり、今に始まったことではありません。
すなわち、多くの人は国民軽視・不正行為・立憲主義否定などを踏まえて支持していたと考えるしかありません。それも、経済政策などを支持するためにこれらを我慢していたのであれば、経済政策の化けの皮がはがれた時点で支持は壊滅していたはずですから、要するにこれらをポジティブな要素とみなしていたと考えるのが妥当です。それで何年も支持率が高い状態が続いていたのなら、今ここで突然下がる理由は存在しないはずです。
要するに、何が何だか分からないが安倍氏に逆風らしきものが吹いている状態でしかなく、理由がよく分からない以上は今後の展開も予断を許しません。明日にも逆風が止んでも全く不思議ではないのです。今まではマスコミがコントロールされていたことも理由としては考えられますが、そうだとすればつまり国民が目覚めたわけではないことを意味し、マスコミを再掌握されればそれまでですから、やはり状況は極めて不安定です。
したがって、実際の野党には全く余裕はなく、党内での内輪もめ、共闘に冷や水を浴びせるなどの仲間割れをしていられる状況ではありません。
また、たとえ安倍内閣が実際に危機的だとしても、安倍・日本会議一派によってボロボロにされた日本の状況が回復するわけではありませんし、また日本会議にとっては安倍氏の代わりなどいくらでもいるはずで、客観的に見て危機的状況であることは全く変わっていません。本来ならば1秒でも惜しい状況であり、党としても野党連合としても一刻も早く体勢を整え、団結して戦うことが求められます。

ところで、辞任は辞任でも稲田氏の辞任にはほっとしました。まだ油断はできませんが、半年前までは「稲田総理」の悪夢が現実にあり得たわけですから、ひとまずそれが困難な状況となったのは幸いです。
以前には舛添氏も自滅してくれましたし、極めて不安視して警戒していた人物が自滅してくれるのは助かります。基本的になぜ不安視するかというと問題があるからで、つまりそういう輩は自滅の種を最初から持ってこそいますが、それが表に出ない場合が怖いのです。あとは小泉進次郎氏辺りが害悪が大きくならないうちに自滅してくれると大変助かるのですが。