Message PHP
[Homepage] [Script Top] [Administrator]

2017-07-15 の記事 - 2017-07-15
蓮舫氏の国籍問題問題(*)、実に頭が痛くなります。

(*)いわゆる「国籍問題」なるものに問題としての実体は存在しませんが、この「国籍問題」なるものを利用して蓮舫氏を貶め、ハーフなど外国にルーツがある人々に対する差別を扇動する問題ならば存在します。したがって、当サイトではこれを「国籍問題問題」と呼称しています。

当然のことながら、蓮舫氏が戸籍を(たとえ一部でも)公開することは絶対にあってはなりません。このような差別の前例を作ってしまえば、今後マイノリティが議員として活動するにあたって、マジョリティに対してなら到底要求され得ないような無茶苦茶な要求や言いがかりを突きつけられることが常態化する恐れがあり、これによる萎縮の効果はかなりのものとなるでしょう。
また、国民の代表である国会議員の間ですら堂々と人種差別がまかり通るならば、一般社会における人種差別はこの程度では済まなくなります。部落出身でないか確認するため結婚相手の戸籍を調べていた時代に逆戻りです。同時に、これで「ハーフは差別してもよい」というメッセージを発してしまえば、ハーフなどのマイノリティは今まで以上に容赦なく差別を受けるようになり、現状でまともに人権が守られているかどうかすら怪しい在日外国人などに至っては、それよりさらに「格下」に位置づけられることになるでしょう。
以下の記事によると、

民進:党内から差別助長危惧の声 蓮舫代表戸籍公開方針

>大串博志政調会長は「通常は絶対あってはならず、多様性を求める党是にも合わない。ただ、野党第1党の党首という立場を考えるとやむを得ない」と話した。

だそうですが、確かに野党第一党の党首は影響力が大きい存在です。したがって、絶対に戸籍を公表してはいけません
蓮舫氏はおそらく、日本で最も大きな政治的影響力を持つハーフです。多様性を党是とする野党第一党党首として、日本の多様性尊重をリードすることが期待される立場です。そのような人物が差別に屈したならば、日本中の多様性尊重の意識が大幅に後退するのは避けられません。「立場」も何も、差別主義者からすれば蓮舫氏1人を落とすだけで日本のダイバーシティを大きく破壊できるのですから、ここを落としに来るに決まっています。立場を考えるならば、絶対に落とされてはいけないのです。

ただ、私としてはあまり蓮舫氏を責める気にはなりません。
差別とは力関係の非対称性を利用して行われるものです。より立場の強い者が、より立場の弱い者を攻撃する。それが差別です。そして差別は属性に対する攻撃ですから、被害者はどうすることもできません。例えば「イエローモンキーは死ね」と言われたからと、黄色人種をやめることはできません。
これはいわば、巨人の大群に蹂躙されるようなものです。おまけに蓮舫氏の場合、人種差別と女性差別の複合差別にさらされています。結果、経歴上差別について考えることも多く、かつ今までも様々なバッシングにさらされてきたであろう蓮舫氏ですら耐えられなくなってしまうのです。はっきり言って、こんなものに耐えられる被差別者などそうそう存在しません。圧倒的な力の差で殴られるというのは、そういうことなのです。
その上、民進党議員の一部は署名付き怪文書を出すことに始まり、都議選の敗因を蓮舫氏の出自に押し付けたり、差別にタダ乗りして蓮舫氏を攻撃したりとやりたい放題。生身の人間が巨人に殴られている状況下で、友軍はそれを助けようとするどころか、背中に機銃掃射を浴びせかけているわけです。
その惨状たるや、むしろ今までよく耐えたものだと感心するほどです。
なお、「説明が二転三転している」として問題視する意見は、今回に限れば全くその通りであると私も考えます。すなわち、「戸籍を公表しない」で終わった問題を、なぜか今になって蒸し返して「公表する」と言い出し、批判を浴びたら「公表するのは必要な部分だけ」と言い出すのは、確かに全く必要のない騒ぎであると言わざるを得ません。何らかの形で公表すれば、差別に反対する程度の良識は持っている人々を大いに失望させますし、公表しなければ話が違うなどと言われて批判を浴びますから、わざわざ袋小路にハマりに行っているわけです。
といっても、氏をこういった支離滅裂な行動を取らざるを得ない状況に追い込んだのはまさに「差別」ですから、やはり氏ばかりを責める気にはなりません。

カウンター行動の基本は「マジョリティは前に出ろ」です。差別側と被差別側に圧倒的な力の差がある以上、被差別者を矢面に立たせておいてはならず、差別側と同じ立場にいる日本のマジョリティが前に出て被差別者の壁となると同時に、図式を「社会的多数者 VS 社会的少数者」から「社会的多数者(差別集団) VS 社会的多数者(反差別・多様性を尊重する者)」に塗り替える必要があります。
見て見ぬ振りも差別への加担と同じです。圧倒的に強い側と弱い側、放置しておけば弱い側が一方的に蹂躙されるに決まっていますから、放置は中立ではあり得ません。
したがって、本件についても「民進党議員のマジョリティは前に出ろ」の一言です。

民進党が受け皿となれないのはなぜか。国籍問題問題の一件を見ても明らかでしょう。
外国にルーツがある人、LGBT、障碍者などの社会的マイノリティにとって、排外主義・差別主義・立憲主義否定・人権軽視の自民党(あるいは日本会議)政治は現実的な脅威です。この社会ではすでに障碍者殺戮事件が発生しています。閣僚の中には「○○人を殺せ!」と叫んで街頭を練り歩く連中と懇ろであった者もいます。そして首相は差別デマサイトをシェアするような人物です。
現状でもマイノリティは人権が守られているかすら怪しい状況に置かれていますが、立憲主義の否定によって権力に権利を守らせることが難しくなり、また人権がこれ以上軽視されるようになれば、まずマイノリティがそのあおりを食うことになります。実際、ナチスでは障碍者や同性愛者への迫害が行われていましたし、相模原の事件への反応、長谷川豊氏の一件などを見ても分かるように、そういう「空気」は現代日本にも蔓延しています。
自身が何らかのマイノリティである者。親族や友人にマイノリティがいる者。そうした人が身近にはいなくても差別はおかしいと考える者。そうした人々は、多様性を尊重して差別を否定し、その上で十分な力のある政党を待ち望んでいます。
自らもマイノリティである人物が党首を務め、多様性を党是とし、また有田氏をはじめとして反差別に積極的な議員も存在している民進党は、そういう意味では理想的な政党であるはずです。
しかし、実際の民進党はそれほど信用されていません。一番肝心な時に裏切りかねない政党であるとみなされているためです。
今回の国籍問題問題はその典型的な例です。都民ファーストなる茶番劇の中でも、立場をはっきり示している共産党が堅実に議席を積み増す一方、民進党はいまひとつ存在感を発揮できませんでした。当然の結果ではありますが、そこで敗戦の責任を蓮舫氏の出自に押し付け、党内の主導権争いのために差別を利用するという離れ業をやってのけたのが民進党内部の議員であるわけです。
自党の党首すらかばうでもなく、差別を利用して背後から撃つ者さえいて、党首もそれに屈してしまうような状態の政党を、国民が「この党なら大丈夫だ。差別と戦い、多様性を尊重してくれるに違いない」とみなして信用するとでも考えているのでしょうか
少なくとも私は、今回の公表騒動には大いに失望し、「こんな政党、もし有田氏のような差別に立ち向かう議員がおらず、かつ現状が立憲主義の危機でないならば、絶対に支持しないのに」というほど強い憤りを覚えています。
このような有様で受け皿になれるとしたら、そちらの方が不思議というものでしょう。

現状、民進党は差別主義者に蛇蝎のごとく嫌われています。そして、差別主義者に嫌われるのは多様性を尊重する政党として名誉なことであり、よりいっそう差別主義者に嫌われるような態度を貫くべきではあっても、彼らのご機嫌を取る必要など一切ありません。蓮舫氏が戸籍を公表して彼らの目的(ハーフかつ女性である蓮舫氏に対する嫌がらせ、かつ日本のダイバーシティを大きく後退させ排外主義を推し進めること)を成就させたとして、彼らが民進党を支持することなど絶対にありません。味をしめて二匹目のドジョウを狙いに来る可能性ならあるでしょうが。
差別勢力はもう間に合っています。確かに差別主義は日本において相当なボリュームゾーンですが、自民・公明・維新・都民と魑魅魍魎がひしめき合う中、民進党が彼らの食べ残しをあさるような真似をしたところで、党勢回復などできるわけがありません。仮にできたとしても、それは単に日本会議システムに組み込まれ、傀儡として役割が与えられただけです。
民進党がすべきなのは、「反差別・多様性尊重・立憲主義擁護・基本的人権の尊重」を掲げて差別主義・排外主義・立憲主義否定・人権軽視に対峙することです。党として差別を許さないという強力な態度とメッセージを即刻示すべきであって、この状況ですらそれを示せないようなら手遅れです。
党内ですら多様性を尊重できず、党首すらも差別から守れないような政党が、日本社会の多様性を尊重し、一般市民を差別から守れるわけがありませんから、これは極めて重要です。そして、これは蓮舫氏の決定だけの問題ではありません。民進党内のマジョリティのうち、誰が前に出て、誰が前に出たがらないのか。これもまた問われているのです。